入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には保険が適用されるものと適用されないものがあります。それぞれにメリット・デメリットがございますので、患者様の症状やご予算に合わせまして最適な入れ歯をご提供いたします。

保険の入れ歯の特徴

  • 材質はプラスチック(レジン)を使用します。
  • 総入れ歯はレジンのみ、部分入れ歯はレジンとクラスプと呼ばれる金属の留め具を使用します。
メリット
  • 保険が適用されるので費用を抑えることが出来ます。
デメリット
  • 強度を保つ為に厚く作る必要があり、見た目が悪くなることや噛んだ時の違和感が残る場合がございます。
  • 既製品の服を買うのと同じで、入れ歯の不具合をある程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。

保険外の入れ歯の特徴

  • 素材を選ぶことが出来るので、患者様のご要望に応えることが出来ます。
  • 使い心地や見た目の問題が気にならない入れ歯を作ることが出来ます。
メリット
  • 歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。
  • 吸い付きを良くする素材、入れ歯ががたつかない素材、保険の入れ歯より格段に薄い素材などを使用することが出来、患者様と歯科医が協力してより良い入れ 歯を作れます。
デメリット
  • 全額自己負担となります。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(残っている歯に引っ掛ける装置)を使っていないので、審美性に富んでいます。
保険適用の入れ歯の約半分から3分の1の厚さで義歯床を作ることが出来るので違和感が少なく、がたつきません。また、金属を使わないので、金属アレルギーの方にも最適です。

マグフィット(磁石式入れ歯)

マグフィット(磁石式入れ歯)

磁石式入れ歯とは?
磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着します。歯根に「磁性金属」を取付け、入れ歯に「超小型磁石」を埋め込みます。虫歯やグラグラし始めた歯根を活用して、よく噛める入れ歯ができます。歯の無い方は、インプラント(人工歯根)と組み合せてご利用ください。

金属床

金属床はフレーム部分と針金部分や上顎の部分を一体型の金属で作った入れ歯のことをいいます。レジン(プラスチック)に比べ丈夫な金属を使うので、しっかりと固定され、たわまない、丈夫な入れ歯を作ることが出来ます。また、食べ物の温度を瞬時に伝えることができ、食事を快適に楽しむことが出来ます。

上下それぞれ全く歯が無い患者様に限り、一部、健康保険が適用されます。

コバルト床
コバルト床

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も一般的で歴史のある素材です。
厚みがレジン床の約1/10と薄く、口の中に入れてたときの違和感が少なく、食事の際も熱がよく伝わります。
丈夫で、永く快適にご使用頂けます。

チタン床
チタン床

チタンとは、ロケット、航空機などのハイテク分野から、最近は眼鏡のフレームやスポーツ用品など、近年話題の最先端金属です。安定した皮膜に包まれており、金属の消耗や溶け出すことがほとんど無いのでアレルギー等もほとんど発生しません。 また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、味覚の違和感が無くお食事を楽しむことが出来ます。一般的に入れ歯に用いられる金合金の約1/4の重さでとても軽いです。

ゴールド床
ゴールド床

ゴールドは腐食による変色が起こらず、溶け出しにくいため金属アレルギーも起こりにくい、体に優しいという特徴があります。
また、精密な加工が行いやすい金属でもあります。

入れ歯についてよくある質問はこちら

ページトップ